本文へスキップ

感謝・お祝い・お見舞いに

コンセプトconcept

福蔵鶴(ふっくらづる)とは

2020年のコロナ禍で、福蔵鶴(ふっくらづる)は誕生しました。
会いたいけれどなかなか会えない大切な人やお友達へ、何か心のこもった贈り物をしたいという思いからできあがった作品です。その仕上がりはとても美しく綺麗で可愛らしく、まるでジュエリーのよう。福蔵鶴(ふっくらづる)と名付けて商標登録出願も致しました。

12

手作りへのこだわり

様々な模様の折り紙や千代紙を使って、鶴を一羽一羽心を込めて折り、その後にUVLEDレジン液を丁寧に塗り、光を当てて硬化しています。一つ一つ手作りのため、同じ模様であっても、レジン液のしみ具合で色味が違ったり、光の当たり具合で輝き方が違います。世界に一つしかない一羽の福蔵鶴には、機械で作る大量生産のものとは違う味があります。

34

ふっくらした形へのこだわり

福蔵鶴(ふっくらづる)の羽は、普通の折り鶴と違って丸みを帯びています。この羽の中に福をいっぱい集めて、あなたの想いとともに大切な人へ福を運んでくれます。皆様に沢山の幸福が訪れますよう、心を込めて制作いたします。

5